良寛の作品鑑賞

ここでは、代表的な良寛の4作品を鑑賞します。

漢詩 「柳娘二八歳」

 若干語句が変わった同趣の作品が「草堂詩集」の「天巻」と「人巻」に載り、「天巻」の詩の四聯は「行人皆睥睨」とあります。「睥睨」は横目で眺める意味で、詩趣が似ているように思える寒山詩に出てきます。このことから、この詩は寒山詩を模した作品と解説した著書がありますが、両者を詳しく比べてみれば、良寛の詩には彼特有の意趣が味わえます。

 柳娘には花街の妓娼の意味がありそうですが、この詩では、若くて美しい娘さんのことと解釈したいです。しかし、単なる美人賛歌ではなく、「三越多佳麗」の詩でも謳われているように、美人薄命を優しく警告した作品であると思います。

漢詩「憶在円通時」

 最も良く知られている良寛の詩の中の一首で、同趣の作品が四つの良寛の詩集に載っています。これらの詩集は五合庵時代に編まれたもので、四聯に「三十年」とあることから、この詩を良寛の六十代の作品とするのは誤りです。他にも詩に詠まれた数字から作詩の年代を推測することが出来ない例は幾つかありますので、注意を要します。

 二聯に中国禅宗の古老である龐公と老盧の故事を引いて、円通寺での仏道修行の励みようを謳っていますが、これによって今の自分が完成したことの恩義に涙するという、最後の聯が効いています。

 この作品が軸装された大幅の墨蹟は他に知りませんので、貴重な遺墨であると思います。

漢詩 「今日乞食逢驟雨」

study_006

 結句に清貧の生き様を自負した良寛の代表的な名詩の一つで、この詩の書かれた遺墨は沢山あります。

 詩の意味は「今日托鉢をしている最中に俄か雨に遭って、慌てて古い祠(神社)に駆け込み暫らく雨宿りをした。(一息ついて自分の身形を見ると)頭陀袋と鉢の子しか持っていない。思わず笑ってしまうけれど、生涯無一物の暮し方も、さっぱりとして良いではないか。」となるでしょう。頭陀袋と鉢の子しか持っていない良寛が、俄か雨に遭って、慌てて古い祠で雨宿りをしましたが、濡れても、どういう事は無いのにと、冷笑します。

 この、俄か雨に遭って慌てて雨宿りをする所が、普通の人間の良寛です。しかし、生涯無一物の清貧の生き方を自負している所が仏道に生きる良寛であると思います。

漢詩 「十字街頭乞」

study_007

 詩の意味は「(三条の)賑やかな街並みで乞食を済ませ、八幡さまのお宮の辺りをてくてく歩いた。その時子供たちが私を見つけ顔を見合わせて話し合う、去年来た変な坊さんが今年も又来たよと」となるでしょう。

 この詩は良寛の好きな作品のようで、屏風などに書かれた多くの遺墨が伝わっています。特に難しい語句は有りませんから訓読みを通して良寛の心は伝わると思います。

 即ち、子供たちが自分のことを変なお坊さんと言っていますが、又、今年も一緒に遊んでもらえることを楽しみにしている気持ちを汲み取っている、良寛の温かい心が読み取れるでしょう。